2018年5月22日 (火)

医者が教える食事術②

 
前回に引き続き「医者が教える食事術」より
 
今回は「ダイエット」についてです。
 
本の中では「健康の新常識」としてこのようなことが書かれていました。
 
 
「肥満を生み出す原因は糖質であってカロリーや脂肪は関係ない」
 
 
人間の体にはある程度のブドウ糖が存在し、血糖値は一定の基準に保たれています。
 
糖質を取りすぎれば血液中のブドウ糖が増えます。
 
そのままでは血糖値が上がりすぎるので膵臓からインスリンが分泌されます。
 
インスリンは余ったブドウ糖をグリコーゲンに変えて肝臓や筋肉の細胞として取り込みます。
 
しかし取り込める量には限界があるので、さらに余ったブドウ糖は脂肪細胞へ取り込まれます。
 
これが肥満の原因とあります。
 
 
①糖質を取りすぎる
   ↓
②血糖値上昇
   ↓
③インスリン分泌
   ↓
④糖が肝臓や筋肉の細胞に取り込まれる
   ↓
⑤さらに余った糖質が脂肪細胞へ取り込まれる
   ↓
⑥肥満やメタボ
 
 
肝臓で取り込めなかった糖が中性脂肪へと形を変え脂肪細胞へ取り込まれると肥満になるということになります。
 
ちなみに糖質制限時の1日の糖の摂取は男性120g 女性110g
を基準にするとよいとのこと。
(ごはん1膳が55.2g)
 
1日に2膳はご飯を食べられます。(抜くとしたら夜が良いそうです)
 
お菓子や清涼飲料は×です。
 
最後に個人的な意見ですが、
ダイエット目的の場合はあまり極端な糖質制限をしない方がよいと思います。
(医療機関によっては賛否がわかれています)
 
前回も書きましたが糖質を取りすぎてると思う方は無理しない程度に
 
・コーヒーや紅茶は無糖のものにする
 
・ごはんをおかわりしない
 
・甘いものをとりすぎない
 
など少しの意識改革からはじめてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
 

2018年5月17日 (木)

医者が教える食事術①

 
今回も最近読んだ本をご紹介します。
 
タイトルは「医者が教える食事術」です。
 
この本を読んで私自身、食生活を見直すきっかけとなりました。
 
今話題になっている「糖質」や「血糖値」について詳しく書かれています。
 
糖質(炭水化物、お菓子、清涼飲料水等)はエネルギー源として体に必要なものです。
 
しかし私たちは、知らず知らずのうちに糖質を摂りすぎている感があります。
 
例えば
 
1.朝に目覚めの缶コーヒー(砂糖入り)を飲む。
2.仕事前に気合いをいれるためエナジードリンクを飲む。
3.お昼はご飯をおかわりする。
4.3時のおやつに甘いものを食べる。
5.飲酒後に締めのラーメンを食べる。
 
糖質を取りすぎると「血糖値」があがります。
 
そして血液中のブドウ糖が増え次の3つのような状態になる可能性があります。
 
1.肥満 2.老化 3.病気
 
また血糖値が急激に上がると「インスリン」というホルモンが分泌され血糖値を下げます。
 
血糖値のアップダウンが激しいと
 
1.イライラ
2.眠気
3.倦怠感
4.吐き気
5.頭痛
 
といった不快な状態になる可能性があります。
 
ですので無理のない範囲で、糖質を控えた食生活に変えた方が健康には良いと感じました。
 
例えば
 
「コーヒーや紅茶は無糖のものを飲む」
「ご飯をおかわりしない」
「甘いものを食べすぎない」
 
など私自身も少しずつ始めていければと思います。
Photo_2
 
 

2018年5月 7日 (月)

最高の休息法

 
本日は最近読んだ本についてご紹介します。
 
タイトルは「最高の休息法」です。
 
「マインドフルネス」という言葉をご存知でしょうか?
 
ひと言でいうなら「脳の疲労を解消する休息法」です。
 
あのスティーブジョブズもマインドフルネスの実践者でした。
 
「いつも疲れている」
 
「どれだけ休んでも眠っても何となくダルイ」
 
「集中力が続かない」
 
そんな方は体ではなく脳が疲れています。
 
脳疲労は肉体疲労とは根本的に違いますからどれだけ体を休めてもどんどん蓄積されていきます。
 
この本では「脳の疲労を解消する7つの休息法」が載せられています。
 
私自身も最近、7つの休息法の1つ「呼吸法」を始めてみました。
 
行った後はなんとなく頭がスッキリする感じがしています。(個人的な感想です)
 
興味のある方は読んでみてください。
Photo
 
 

2018年4月30日 (月)

5月の休診日

 
明日から5月に入りますね。
 
当院はGWも休まず営業しています。
 
この機会に是非ご来院ください。
 
それでは5月もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
 
5月休診日
7(月)、14(月)、21(月)、28(月)

2018年4月24日 (火)

お花見

 
昨日、千秋公園までランニングをしてきました。
 
「桜まつり」の期間中ということもあって大勢の人々で賑わっていました。
 
なにより桜が満開です。
 
とてもキレイでした。
 
Dsc_0362
Dsc_0361

2018年4月18日 (水)

GWの営業予定

 
昨日は急遽、営業時間を変更してしまいスミマセンでしたm(_ _)m
 
また今日から通常営業しております。
 
是非ご来院ください。
 
さて今日から千秋公園で「桜まつり」が始まりますね。
 
まだ桜は満開とまではいきませんが、近所の公園でも花が咲き始めていました。
 
私は来週、ランニングがてら千秋公園に行く予定です。
 
来週にはおそらく満開になっているでしょう。
 
 
最後にゴールデンウィーク当院の営業予定です。
30日(月)だけ休診し、あとは通常営業となります。
 
 
 
4/28(土)営業
 
4/29(日)営業
 
4/30(月)休み
 
5/1 (火)営業
 
5/2 (水)営業
 
5/3 (木)営業
 
5/4 (金)営業
 
5/5 (土)営業
 
5/6 (日)営業
 
 

2018年4月17日 (火)

4/17(火)の営業時間変更

 
本日4/17(火)の営業は私用により
 
17:00~20:00(最終受付19:00)となります。
 
突然のお知らせで申し訳ありませんm(_ _)m
 
よろしくお願いいたします。
 

2018年4月11日 (水)

膝痛予防④

 
膝痛予防4回目です。
 
今回は膝の内側に痛みがでるという方のエクササイズです。
 
まずは片足を1歩踏み出してみてください。
 
(良い例)
膝のお皿が正面を向いています。(足の人差し指方向)
Photo_6
 
(悪い例)
膝が内側に入っています。(足の親指方向)
Photo_7
 
・膝はドアの蝶番のように曲げ伸ばしをする関節なので「ねじれ」があると膝周りの組織に
負担がかかり、痛みにつながる可能性があります。
 
(エクササイズ)
膝を多少外方向にもっていくために、足の小指側に向かって踏み出してみましょう。
この膝の屈伸運動を繰り返しおこないます。
 
Photo_8
 
慣れてきたら両足でも行ってみてください。
Photo_9

2018年4月 5日 (木)

膝痛予防③

 
今回は痛みで膝があまり動かせないという方に向けての「ゆらし」です。
 
 
「膝を曲げる時に痛みがでるという方のゆらし」
 
1.座った姿勢で膝を軽く伸ばし、カカトを地面につける。
Photo
 
           ↓
 
2.膝の力を抜き、カカトを支点にしてつま先を上下させる。
Photo_2
 
できるだけ長時間行うとGOODです。
 
「膝を伸ばした時に痛みがでるという方のゆらし」
 
1.座った姿勢で膝を曲げ、カカトを床につける。
Photo_3
           ↓
2.つま先をつけながらカカトを上げ「貧乏ゆすり」のように動かす。
Photo_4
 
できるだけ長時間行うとGOODです。
どちらも力を抜いてリラックスして行うことがコツです。
 
 

2018年3月27日 (火)

4月の休診日

 
まもなく4月ですね。
 
ようやく暖かくなり、過ごしやすくなってきました。
 
まだ寒暖差がありますのでカゼなどひかないよう気をつけていきましょう。
 
それでは4月の休診日です。
 
毎週月曜
 
2(月)、9(月)、16(月)、23(月)、30(月)
 
それでは4月もよろしくお願いします。
 
 

«膝痛予防②